単身赴任を命じられた時に考えておくべきこと

家電製品などはレンタルやリサイクルショップを利用する

日本の単身赴任者人口は数十万人いるといわれています。家族がいる場合は子どもの学校などがあるので、家族で移動するわけにはいかないので、ほとんどの場合は単身赴任になります。会社の命令なので赴任先の家賃や手当は支払われますが、新たに家電製品や生活必需品を購入することになります。そのような時はレンタル製品を利用すると安く上がることがあります。レンタル業者にもよりますが、長期間のレンタルなら割引きになるケースがあります。

二重生活になるのでなるべく電気代やガス代は節約の工夫をする

また最近はリサイクルショップが盛んなので、新品同様の電化製品が格安で売られています。それらを利用するのも良い方法です。また家庭を持っている場合、単身赴任をすると二重生活になるので電気代などはなるべく節約する工夫が必要です。多くの家電製品は待機電力を消費しているので、こまめにコンセントを抜くか、スイッチ付きのコンセントを利用すると電気代の節約になります。お風呂も毎晩お湯を新しくするのではなく、シャワーを上手に併用して水道代を節約することです。

家族がいる場合は通信器機を活用してコミュニケーションをとる

家族を抱えている夫が単身赴任する場合は、妻の協力が必要です。それほど遠距離でなければ週末は帰宅できるように配慮してあげることが大切です。単身赴任していると仕事に追われて、部屋に帰宅してもひとりぽっちなので孤独になりがちです。今はパソコンやスマホや便利な通信手段があるので、毎晩時間を決めてやり取りすると、家庭内の溝を作らずにすみます。特に子どもたちに定期的に通信する時間を設けると、親子の関係も却って密にすることができます。

単身赴任の家具は家から持っていくのではなく、家具付きの賃貸マンションに住むのもひとつの方法です。また必要最小限の物のみ、単身赴任先のリサイクル店などで揃えれば安く済みます。