一人暮らしの人は掃除を怠りがち

親と同居していないので

初めて一人暮らしをする人が注意しなければいけないのは、掃除を怠らないと言うことです。実家で生活していたとき、掃除は全て母親任せだったと言う人が少なくありません。そう言う人は、一人暮らしをするとすぐに掃除をしなくなることが多いです。掃除をしなくても親と同居しているわけではないので怒られることはありません。しかし、それが一人暮らしの怖さでもあります。掃除を怠ると生活しにくくなると言うことを分かっておきましょう。

借りた物はきれいにして返すのが常識

一人暮らしをすると言うことは、マンションやアパートを借りると言うことです。退去するときは、室内をきれいにした状態で退去しないといけません。借り物ですからそれは当然です。しかし、掃除を怠ると、カビやダニが発生してしまうでしょう。そうなると、室内の至るところが傷みます。退去するときに敷金が返還されないのはもちろん、クリーニング代を請求されるでしょう。こまめに掃除をしていれば、カビやダニの心配はいりません。

健康を損なう可能性もある

また、掃除をしないと自身の健康を損なう可能性もあります。カビやダニは人体に悪影響を与えると言うことは誰でも知っているでしょう。学生の一人暮らしはお金がないことが珍しくないです。ダニやカビによって健康を害せば、病院代が必要になります。もったいないでしょう。掃除をしていれば、カビやダニに体を蝕まれることはありません。掃除は面倒と言う若者が多いですが、毎日5分するだけで部屋を清潔に保つことはできるのです。

家具の家電のレンタルは、出張先などで一時的に必要な物などを気軽にレンタルすることができるのでとても便利です。