知っておきたい!さまざまな結婚式の種類について

結婚式の種類や選択肢はさまざまある

結婚式には、じつにさまざまな種類や選択肢があります。例えば、チャペルで挙式をしたいという場合でも、列席者の人数を多くするか少なくするかという選択肢(プラン)がありますし、国内だけでなく海外で行うという場合もあるでしょう。ほかにも、屋内か屋外かという選択肢や、テーマや演出はどうするかという選択肢もあります。しかしまずは、「どのような形式」で行うかや、「どのような会場」で行うかということから考えるとよいでしょう。

さまざまな形式について

まず挙式の形式は、宗教式と無宗教式の大きく2つに分けることができます。そして宗教式には、教会式や神前式などがあり、無宗教式には人前式があります。もっともポピュラーなのは「教会式」で、多くの場合、ホテルや式場などに設けられたチャペルで挙式を行うというスタイルになります。「神前式」は、白無垢と呼ばれる伝統的な婚礼衣装を着るのが特徴で、ホテルや式場、そして神社で行うことができます。そして「人前式」は、立会人(証人)のもとで結婚を認めてもらうという、比較的自由なスタイルの挙式になります。

さまざまな会場について

結婚式場の主な会場としては、ホテル・専門式場・レストランなどが挙げられます。まず「ホテル」は、施設や設備が充実していることや、格式が高いことなどが特徴です。また交通の便が良い場所に立地している場合が多いため、列席者が利用しやすいというメリットもあります。「専門式場」は、婚礼専門のスタッフがそろっているため、サポートが充実しているのが特徴です。そして「レストラン」は、料理が充実しているのが特徴ですが、最近では、チャペルや控え室などを備えた会場も増えていると言われています。

結婚式場を東京で探す場合、ホームページを通した情報収集を積極的に行うことで、魅力的な式場を素早く見つけられます。