少人数で行う結婚式のメリットとは、どんなもの!?

少人数で行うため経費節約にもなる

家族や親戚といった少人数で行う結婚式が注目されています。その昔、自宅での結婚式が主流で、新郎宅か仲人宅が使われることが一般的だったようです。結婚式に出席するのは新郎新婦と両家、それぞれの親戚という限られた人のみという点が大きな特徴でした。もちろん、仲人さんもいました。少人数とはいえ自宅で結婚式をするためには、それ相当の場所が必要になります。そのような事情もあり、結婚式場などを利用することが多くなっています。式場を利用するためにはお金も掛かりますが、何十人もの人が出席する結婚式と比べると経費節約になることは納得ですね。

身近な人ばかりなので出席者がリラックスできる

自宅の和室で正座して行う結婚式は、出席者の存在を身近に感じてしまうため、疲れてしまうかもしれません。しかし、結婚式場ではイス席が主流のほか、アットホームな雰囲気の中で結婚式を挙げることも出来ます。何よりも、出席者が身近な人ばかりなので、出席者がリラックスできるメリットが大きいといえます。もちろん、相手の親や親族とは初対面の人も多く、それ相当に緊張すると思います。それでも、新郎新婦の友人や知人、職場関係の人でごった返す結婚式よりは、疲れる度合いも少なくなります。特に、高齢者や小さい子どもが出席するときは、少人数での結婚式のほうがいいかもしれませんね。

もちろん、新郎新婦も疲れにくい

結婚式の主役は、もちろん新郎新婦ですよね。しかし、出席者全員に満足してもらえるように、いろいろと気遣う必要があります。もちろん、結婚式や披露宴中は式次第により進められるため、個別対応するのは不可能といえます。ただし、式が終わった後は、出席者にお礼を述べてまわることになります。しかし、相手側の親戚や友人も含めて全員に声を掛けるのは、相当な労力を要しますね。また、準備段階での課題になりますが、控室の不備などで出席者に失礼があると大変なことになります。考えるだけで疲れてしまいますよね。そういう意味でも、少人数で行う結婚式では出席者の1人ひとりと交流できる機会も多くなり、お互いに満足できることにもつながります。

家族婚は、家族や親族のみで挙式を行うものです。全体的にアットホームな印象の式になります。挙式後、友人などで二次会やパーティーを行う場合もあります。